EDになってから

EDって恥ずかしい病気なの?

EDは立派な病気の1つです。そのために恥ずかしい病気ではありません。ただ通常の病気が皮膚などの表面的なこと、内臓などの内面的なものなどに比べて生殖器がかかわるといった場所なので、多少倫理的にそのことを知られると恥ずかしいと思ってしまう人はいるかもしれませんね。ほかの病気で胃が悪い、腸が悪いということはすぐに口に出して言える人は多いでしょう。胃や腸に関して羞恥心を強く持つ人はいませんね。しかし、生殖器や性器、お尻などに関してはちょっと恥ずかしいという心理が働くのかもしれませんね。それはその部分が秘部と呼ばれ、あまり人に見せるべきところではないからです。でもそれは本当に恥ずかしいことなのでしょうか?EDは脳や心理的な物、そして性行為に関連する問題です。例えばEDになっていまい、性行為を行うことができない、そしてパートナーとの関係がうまくいかないということになると不妊の問題やお互いの信頼関係や離婚の問題にまで発展してしまうこともあるのです。もしもEDがきちんと病気であることを公表し、それについて悩み、きちんと治療を受けて改善したいと思っているということを公表することが出来たらどんなにいいでしょう。周りの理解があれば、あせって治療を進めることもありません。ストレスや様々な問題を考えながらゆっくり治療を進めることもできますね。またもしも恥ずかしいと感じる人が少なかったら、一人で悩み事もなく、早く病院にいって対応し、EDの症状がひどくなる前に早めに治療を受けることもできるかもしれませんよね。そのためにも自分が恥ずかしいと思わず、また周りも素直に受け入れるような環境を作ることが大切なのです。

EDになる原因とは?

EDになる原因は1つではありません。まず加齢によるものです。年齢を増すと体力も少なくなり勃起する力が弱まってしまいます、また性欲そのものが減退してしまうことも少なくありません。あと不摂生や睡眠不足などの生活習慣が原因で起こる場合もあります。不摂生を続けていると体が不健康となり勃起しにくくなるのです、体の不調は下半身に出やすくなります。ストレスが原因の場合も少なくありません。ストレスがありますと性的な興奮がうまく陰部に伝わらなくなるのです。他にもトラウマが原因のEDも少なくありません。パートナーの女性に性行為についてけなされてしまった場合トラウマになり勃起障害が起こることもあります。高齢の方に多いのが糖尿病などの他の病気が原因のEDです、実はEDにかかっている方の占める糖尿病の割合は非常に高く問題になっています。今飲んでいる薬が原因でEDになることありますが、EDを解消するために安易に薬をやめるわけにはいきません。命に関わるような病気の治療のために薬を飲んでいる場合は今飲んでいる薬の方を優先させましょう、また医師に相談してEDの副作用のないものに変えてもらうのも方法です。色々な要因がありますが要因が分かれば治療もしやすくなります。心因性の場合は心療内科に通うのが根本的な解決になります。生活習慣が原因の場合は健康な生活ができるようにしましょう。簡単に解決するためにはやはりED治療薬を使うのがおすすめです。効果が高く性行為の時だけ勃起効果を発揮してくれるため毎日飲む必要もありません。自分では原因が追究できない場合もありますのでまずはメンズクリニックで診察をしてもらい原因を解明しましょう。

EDって直るの?

EDは英語で「Erectile Dysfunction」と書き、勃起機能の低下を指しています。日本語では勃起障害や勃起不全などとも呼び、基本的には男性器が勃起できない、あるいは満足な性行為ができない状態のことを指しています。この症状は原因が大きく2つあり、精神的なストレスなどからくる心因性と、体に何らかの異常が起こることで発生する器質性に分けられます。心因性は仕事や家庭に対するストレスや不安、また過去に性行為に失敗したトラウマなど根の深いものがありますが、心療内科などで治療を受けて原因を取り除くことで完治することが可能です。また、器質性の場合は勃起するためのメカニズムとして神経の伝達や、海綿体への血液の流れが重要になってきます。過去に起こった事故で神経が損失していた場合や、前立腺ガンなどで神経の摘出を行った場合には完治はほとんど不可能と考えられますが、血液循環による問題であれば体質を改善することで治療できます。特に高血圧の人は血液の巡りが悪く、海綿体に十分な血液量が流れないことから勃起できないことが多いため、食生活を見直したり定期的な運動をすることで改善することができます。すぐに解決するというわけではありませんが、一時的な改善としてED治療薬の処方もあるため、性行為が長期間にわたって行えないということもありません。心因性の場合でもED治療薬と精神安定剤などを併用することで対処が可能なため、EDで性行為ができないからといって諦める必要はありません。基本的に男性の性機能は60歳を超えても失われることはなく、70歳でも現役という人もいるので、治療すれば取り戻せる可能性は十分にあります。

▼世界一有名なED治療薬です
バイアグラ
▼効能の継続が格段に長い!
シアリス
▼お財布にやさしいED治療薬です
カマグラゴールド